--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我のことと1つの決断

2011年10月02日 22:01

今回は、にこのことで色々ご心配をお掛けし

結果、にこらしい?オチにも沢山の方に喜んでもらえたことを、本当に感謝いたします

にこ、すこぶる元気です

お休みの日も身だしなみ

全く、目の子とも気にならないようで

以前と変わらず、見えるかのように、あちこち飛び回っています

暇にこ

痕数日で、目の抜糸もできそうです

痛々しいと思っていた縫合した目も

ブルーの糸なんだ~と、見れるようにもなりました

青い糸
(ほどけてるようですが、ちゃんとくっついてました)


痛いの痛いの飛んでけっ
異体の痛いの飛んでいけ~

みんなも優しく接してくれてます


ゆっくりでも、良くなってくれたらと思います

果報は寝て待て♪
果報は寝て待て だね


怪我する前に、おとさんとめぇーさんに貰ったおやつに興味津々のにこ

怪我前のにこ、鯛よりういろが気になるってどうよっ
鯛よりういろに夢中
おとさんのところでお知らせや、意見募集していますので是非)


あおい&こむぎの姉妹こなつちゃんの里親さんから貰ったバームクーヘンに興味津々の本日のにこ

今度はなぁに~?
オヤツ~♪

本猫、なんも変わっておりません

みなさんのお気持ちと、にこの元気に感謝です
ありがたいね



今回の怪我で、1つの決断をすることになりました。

にこの怪我は、しぇりの爪で怪我をしました

でも、しぇりが悪いわけではないのです


しぇりは、昨年末に預かり触れることのできないくらい警戒心の強い子で、キャリーに入れることすらできないため、お見合いなどができないことを理由に、我が家の子として今年受け入れた子です

人が触ることを許してくれない しぇり
でも、猫同士はとっても仲が良く、特に預かりの子達がくると、とても仲良くなって世話を焼いていました
家の子達は自分が甘えるほうだけど、預かりの子猫達は自分に甘えてくれて、一緒に遊んでくれる
とても子猫を可愛がる母性の強い子です

そんな預かりの子達が譲渡で居なくなる度に、しぇりは寂しい目をして私を睨み、引きこもっていました
悲しみから、家の子達に手を出すこともあり、怪我をさせることもありました

今回また、仲の良かった らぶ&ぴいすが出たことも、しぇりはすごく辛かったようです
家の子達は、しぇりが攻撃しても逃げられるけど、見えないにこにとっては逃げることができず、大きな怪我をしてしまったのです

今回のことは、きっかけとなっただけで、今年になってずっと悩んでいました
我が家のような出入りの激しいところでは、これからも しぇりは辛い思いをし続ける
分かっていたけど、触れない捕まえられないことを理由に決断をせずにいたのです

にこが、怪我をしたことも辛かったですが、しぇりの気持ちに悲しくなり、ズルズル引きずっていた「しぇりが辛くなく安心できる居場所を探す」決断をすることにしました

それでもすぐには見つかるわけもなく、どこでも良いわけでもないので
とりあえず、しぇりの爪を切ってもらうべく、キャリーにいれる捕獲作戦を開始
触れなくとも、私にとっては本当に可愛い愛する子
逃げ惑うしぇりを見て、何度もやめようと思ったけど、みんなで暮らすためにと2時間かけてキャリーに入れました

病院に連れて行こうと連絡をした後、しぇりの姉妹らしき子達がいるお宅が受け入れをしてくれるとの連絡を貰い
病院で爪を切ってもらった後にそのままお願いをすることになりました
ここのご家族は、どんな警戒心の強い子でも凶暴な子でも、全て懐かせることができる人達で、いつもビックリさせられます
きっと、私が開けなかった しぇりの閉ざされた心を開いて、沢山撫でてもらえる幸せな子になると思い決めました

不在がちで、人馴れしていない子に不慣れな私が安易に受け入れたことで、今回は2匹に辛い思いをさせてしまいました
私の気持ちよりも、もっと早く しぇりの気持ちを考えて決断すべきでした
これは賛否両論で、どういう方法が良いのかは未だに分からずにいますが
今私が、しぇりにとってできる最善な方法がこの結果でした
でも私にとっては、自分の元で亡くすよりキツイと感じます

爪を切るだけでも、「捕まえる」という行為で恐怖のトラウマを持ってしまうのではないか
そんな しぇりを病院に無理に連れて行くこともさらに怖い思いをさせるのではないかと
何もせずに居たこと
しぇりが毎回辛い思いをしているのに、自分が離れられずに繰り返し同じ思いをさせていたこと
1匹でも幸せをつかんでくれたらと思いやっていることが、結果 辛い思いをさせる子をつくってしまいました

今後、預かりをしなければ問題はないのだと思いますが、もし行き場の無い子や、にこのような状態の子を見つけてしまった時
きっと私は連れてくると思う
そして、これ以上飼えない我が家では、里親さんに託すことになり、やっぱり辛い思いをさせてしまうだろうと思います

今回、しぇりの写真は掲載できませんでした
お別れの時も顔を見ることもできませんでした
身勝手ですが、しぇりの幸せと、早く安心して心を開いて欲しいと願っています


本当に色々悩んで、自分のやってることの意味まで分からなくなってしまいましたが、明日からはまた今まで通りで居ようと思います
なんだかわけの分からない文章になってすみません



里親募集の子達が居ます → コチラ


福島でも地元でも里親募集の子が居ます
家族を探している人にも、保護された子達に興味のある人にも知ってもらいたいので、ポチのお願い許してくだされ!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ   

いつもありがとうございますっ!

nyankohouse_bn.jpg
転載ご協力お願いします

 にゃんこはうす公式ブログ

みえ東北わんにゃんレスキュー

 優しい応援に心ほっこりします (応援メッセージ) 

みなさんに感謝っ<(__)>
関連記事


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. nene | URL | -

    しぇりちゃんが・・。
    くぅさんの辛い決断・・本当にお辛かったことと思います。

    ざんねんながら、私たちは神様ではなく・・
    その時、良かれと思った決断が必ずしも全て最上とは限りません。

    猫たちのために、その時思って出来ることをするしか・・できないんですよね・・。

    だから、どうかご自身を責めないで下さいね。
    優しすぎる気持ちが、ご自身に刃になって向かわないことを切にお願いします。

    しぇりちゃんが、笑って過ごせるように、
    にこちゃんの目が早く癒されますように、
    くぅさんの心が癒されますように・・

    いつも、どんなときも、くぅさんを応援しています。

  4. にこちゃんファン | URL | szTeXD76

    つらいお気持ちお察しいたします。

    くぅさんと同じく、しぇりちゃんはとてもこころの優しいコです。
    きっと優しすぎてつらい思いをしてしまうんだと思います。

    くぅさんファミリーと一緒にいて、人と触れ合えなかったけど、でも
    幸せではなかったとは思えません。

    それでも、人間も悪くないなって安心して、しぇりちゃんがこころを
    開いて、たくさん撫でてもらえるようになれたら、もっといいですね。

    しぇりちゃんのさらなる幸せ祈ってます。

    新しい家族の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

  5. 応援団 | URL | t50BOgd.

    試行錯誤は当たり前ですもん!

    命を預かるって、それだけで尋常ではなく大変なことですもの!

    その中で、十分に正しい判断をされていると思います!

    しぇりちゃん幸せにね♪くぅさんも苦労した分、お幸せに♪

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. くぅ | URL | El66wgVw

    まとめてのお返事お許しください。

    i-265皆様へ

    批判が多いかと恐る恐る見たコメントには、優しい言葉ばかりで、とてもありがたいです。

    記事に書き忘れてましたが、先に護された姉妹と思われる2匹の子達は、しぇりが小さいころにとても仲良かったそうです
    匂いを覚えていてくれると思うので、仲良くなるのも早ければと願ってます

    今日連絡を貰い、しぇりは意外にもかなり落ち着いているようで、みんなと仲良くなるのももう時間の問題だそうです
    本当に嬉しかった!

    大好きなオヤツも、ベッドもご飯もと、少しでも落ち着くようにと思っていたけど、やっぱり人や場所によって変わるもんだなぁと、切ないながらも少しだけ安心しました

    最近なんだか、ご心配お掛けするばかりの内容になってしまっているので、しぇりに負けずに私も頑張ります!
    動揺してかなりの誤字脱字があったとか??すみません。。。(まだ気づいてない^^;)

    いつも本当にありがとうございます!

  8. pon | URL | .I57DTE6

    辛い決断でしたね。
    でもしぇりちゃんを思ってのくぅさんの選択に
    間違いはありませんよ!
    寂しいでしょうが、くぅさんはニャンコの幸せへの
    水先案内人なんですから元気出してね。

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. くぅ | URL | El66wgVw

    i-265ponさん

    今、しぇりが落ち着いていると聞いて良かったです
    沢山居ても、1匹居なくなるだけで本当に寂しいものですね
    不安な時間が少なくて、少しでも早く心を開いてくれたら良いんですが。。。

    しぇりのためにと決断したのだから、元気出して歩きます
    ありがとう!


    i-265カギコメさん

    みなさん色々ありますよね
    なにが良いのだか、どうしてあげたら良いのか本当の答えは分からないですが、幸せになってくれるのであればなんでもしてあげたいです

    本当はね
    ぅあーーーーーーーっ!!!って叫んでおかしくなりたいけど
    寂しいとか、辛いとか大声で叫びたいけど
    きっとしぇりが聞いても、うちの子が聞いても心配するだろうな^^;
    母ちゃん、いっつもボケてるけど、こんなときはちゃんとした母ちゃんで居ないとね~
    でも、様子が変なんだろうね
    みんながベタベタ甘えてくれるし、背中に飛びついてくる

    お互いファイトですね
    ありがとう

  11. にゃにゃにょ | URL | RCXKb8Z6

    しばらく訪問出来なかったのですが、色んな事が有ったんですね・・。
    ・・しぇりちゃんへのご決断は今出来る最良の選択だったのではないですかね・・。

    私も経験有りますが、個人の愛情がどんなに深くても、にゃんこに伝わらない事も有ります。
    一匹のにゃんこに対する接し方や愛情のかけ方も、人それぞれで違いますものね。
    同じ様ににゃんこにだって、好きな事や嫌いな事、相性だって有るのだから、
    私達が良かれと思ってしている事が、伝わらない事が有るのも自然な事ですよ(>_<)。
    環境も変わり新しいご家族のもとで、きっとしぇりちゃんも幸せを見つけられるでしょう(^_^)。

    あらら~・・にこちゃんもた~くさん事件が有ったんですね~(>_<)。
    ・・爪が折れるほど暴れる・・(^_^.)。
    ・・きっとくぅさん所に早く帰りたかったんですね~。

    ・・お目目は心配ですが、何よりも元気で幸せで居る事が一番でしょう!(^o^)。
    ・・もしかしたら、不憫に想っているのは私達だけで、
    当のにこちゃんはぜ~んぜん気にしてないのかも??(^_^)。
    ・・嬉しそうにはしゃぐにこちゃんを見てると、そんな事より、
    くぅさんやみんなと一緒に過ごせる事の方が何より幸せなんだな~と思います(^o^)。

    ・・くぅさん、がんばれ~(^o^)。

  12. やわにゃん | URL | Vak9OJZs

    お疲れ様でした

    きっと今のくぅさんの胸中には色々な想いが巡っているかもしれません…

    しぇりちゃんへの想い…
    にこちゃんへの想い…

    でもどんな時でもくぅさんがしてきた事はこの子達の幸せを願ってしてきた事ばかり

    家族にすると決めたしぇりちゃんを誰かに託す事はくぅさんにはきっと辛すぎる事かもしれません

    でも辛い想いをしてきたしぇりちゃんにくぅさんが初めて優しく接してくれたからこそ今新しい家族の元へと行けたのだと心から想います…

    初めてくぅさんの優しい手からおやつを食べた時…

    初めてくぅさんに優しく語りかけられた事…

    しぇりちゃんはきっと忘れない…

  13. くぅ | URL | El66wgVw

    i-265にゃにゃにょさん

    そうですね、不憫に思うのは私たちだけかも^^
    にこ自身は、怪我した時一瞬だけで、それ以降は全く気にもしていない様子

    短期間に本当に色々考えることや、色んなことがあって知り合いから「ゾンビのような顔」と言われましたよ^^;
    どんなに涙が出ても、時間が戻るわけもなく、思い通りにもならない
    みんなで一緒に居られることが一番だけど、これもまた私だけの思いなんでしょうね

    これからもみんなの幸せを願って前に進むしかないですね
    ありがとう


    i-265やわにゃんさん

    私も、しぇりのことをこれからもずっと忘れない
    でも、しぇりには私達のことを早く忘れてもらったほうが良いのかも。。。とも思います

    ただ爪を切りに行くと思ってキャリーに入れたのがお別れになるのが始めから分かっていれば、捕まえるのをものすごく悩んだかもしれないし、号泣しながらになったかもしれない

    このような選択は初めてで、心の整理がつかないままですが、譲渡の度に寂しい顔をして睨むしぇりの顔を思い出すと連れ戻すことはできないと自分に言い聞かせています
    今、しぇりが落ち着いていると聞いて安心しています(させてる?)
    なんだか妙に明るいテンションが家の子達には違和感かもしれないけど^^;

    いつもみなさんに救われて、本当に感謝です
    ありがとう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/950-8be90c84
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。