供血猫のお願いのご報告&仲良し♪

2009年05月10日 22:35

ゴールデンウィークに入った頃、事故の迷子猫の輸血のご協力を、一部地域の方にお願いしていました。

猫には少ないB型の為(洋猫に多いそうですが)、なかなか適合する子が現れず、猫の運と生命力にかけていました。
21匹の猫達&飼い主様にご協力いただき、やっと2匹の子が適合し8日に手術をする事が出来ました。

壊死が始まっていた足を切断する事になってしまいましたが、無事手術を終え、元気に回復してくれることでしょう。

ボランティアさんが、飼い主探しも同時に頑張ってくれましたが飼い主が現れませんので元気になったら里親募集する事になると思います。

可愛い茶トラ猫です^^

ご協力のお願いをさせていただいた方々に、失礼ではありますが、この場を借りてご報告とお礼を申し上げますm(__)m
ありがとうございました!

毎日毎日頑張ってくださったボランティアさん、本当にお疲れ様です!



ほっと一息ついたところで・・・癒されています^^


ちゃとは甘えん坊さん
とまとは優しい世話焼きさん
Image1756.jpg

ちゃとは よく とまとにしがみついて寝ています

Image1762.jpg
とまタン おはよ♪

Image1763.jpg
ちゃっタン まだ爆睡ですな~当分起きなさそう^^


Image1766.jpg

ちゃとの痙攣は、週に1~2回ほど起きます
獣医さんにもう一種類の薬を勧められていますが、副作用でボ~っとするそうなので躊躇っています
癲癇のせいより、頭の中の腫瘍のイタズラのせいのような気もします
普段は元気有り余ってますけどね^^;
先日も1人テンション高く暴れすぎたあと痙攣起こりました(- -;)

息子に「ちゃとの痙攣の回数、多いって」と言ったら
「それも個性や!」と副作用のある薬は却下されました^^;

何が良いんだか なかなか難しいですね

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次回フリーマーケット 5月24日(日) 津サティ玄関前広場
次回里親会 5月31日(日)2時~4時(受付は1時半~)

  詳細はコチラ

犬猫の一時預かりが出来る方を募集しています。

まだまだご協力が必要です→犬猫の殺処分廃止の署名運動 (ニックネームでの署名可能)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ   人気ブログランキングへ   


関連記事


コメント

  1. しらす | URL | s4liaPBs

    とまとさんとちゃとさんは本当に兄弟みたいに仲良しさんだね(^^)
    [個性]だからと言える息子さん尊敬!!!!!
    私が勇気いただきました。
    今は自分に出来ること・・・

  2. ねここ | URL | U3bS274I

    茶トラちゃん、助かったんだね~
    よかったぁ・・・
    今度はいいご縁が繋がりますように。
    ちゃとっちみたいに「足がないのも個性」って言ってくれるお兄ちゃんがいるといいね♪

  3. りえ | URL | GRuEY55E

    ニャンコでも輸血ができるんですね!!!
    知りませんでした…
    うちの子でもご協力できる時があれば
    お声かけて下さい!!!
    あんよが無いのは不便だけど
    それも個性ですよね!!!
    うちの子も耳は欠けてても
    それがトレードマークです♪
    自分ちの子ってすぐわかります(笑)

  4. くぅ | URL | El66wgVw

    >しらすさん

    とまと と ちゃとは多分姉弟だよ^^
    すごく仲良しです
    みんな個々に色々だから色んな個性があるね
    頑張ってる命は素敵です☆



    >ねここさん

    ご心配お掛けしました!
    そうだね! 茶トラの子にも個性があるんだね
    大きな個性を持ってる子ほど大きな幸せを運んでいるんだと思う
    次は素敵なご縁探しね♪



    >りえさん

    犬猫の輸血は獣医さんによります
    人間のように血液バンクがないので「輸血できないから」と余命宣告する獣医さんも居ます
    そんな時は色々な獣医さんにあたってほしいです
    (何もないのが一番だけどね^^)

    そっか…自分ちの子ってすぐわかるか^^
    うちは「ぽ~」としてる子が居たら「うちの」だ(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/203-e892afc2
この記事へのトラックバック


最新記事