福島便り~変わっていく風景

2016年10月25日 19:20

今回も福島へ沢山のフードが届きました

ありがとうございます


242126906_624.jpg


242126919_624.jpg


前回はフードの補充に追われ

今回は給餌箱の修理が大変だったようです



O.R様、ご寄付ありがとうございます



合間には


保護された猫たちのお世話と

犬たちのお散歩のお手伝い



静かにしてくれにゃ
242127179_624.jpg


猫たちのご機嫌を取りつつ

邪魔にならないように・・・(笑)



そんな様子のたくさんの写真の中で

美猫発見!


242127169_624.jpg
ザ、女子

私好みのフォルムとツンデレオーラでございます



こんな子たちが居ると思えば

やっぱり頑張るしかありませんね



フードは無事の様子 でも残りは少なかった セーフ


242127815_624.jpg


トッピングー
トッピングー
たまには違った美味しさもね


トッピング&トッピングー
トッピングアンドトッピングー


トッピングは匂いにつられて来て欲しい時の手段だったり

特別な思いの 深い気持ちだったり




今回は

あちこちの給餌器が壊れて

1ヶ所づつ修理


ここは大丈夫だった


破壊される確率の高いジャングルジム 今日は無事

と思って覗いたら


壊せなかったのか

一番奥にあるはずの器が

引き寄せられて手前に


と思いきや、中の箱が手繰り寄せられてて空っぽ


手を使えるアライグマかな

一生懸命手を伸ばして引っ張ってたのね


想像すると何だか微笑ましくも思えるけどね



昨年出来た

仮設焼却施設の周りも

猫の目撃情報ちらほら


海側に猫の目撃がちらほらあるとのこと


津波で曲がったガードレールはそのままに


手前のガードレールは津波で曲がった


風景が時間や季節とともに変わっていくこの場所は

きっと今の私には違う場所のように映るんだろうな



仮置き場の中をチラ見して撮った写真


仮置き場の塀の中の様子をチラ見

この前後の写真で

写ってはいけないようなものが写っていたので

周辺や流れの分からない写真1枚だけ載せてみる


前回書いてしまった

黒い袋が沢山置いてある場所の線量って・・・

の内容を指令だと思い

走り回ってくれたようだけど

却下・・・すまん



少し別の 少し山側の場所で

設置されている線量計等でよく図られている 少し上の空間線量と

地面に近い地表の線量も確認してきてくれた



空間放射線量
1015空間放射線量


地表付近の放射線量
1015地表付近放射線量


他の場所と比べたら高い値だけど

この場所にしてみたら随分下がってるのです



低い場所は

1もない


0.287μ㏜
0287.jpg



あちこちまた地震や、水災害等

なんだか続いてるけど

同じことが起こらなげれば良いな



牛さん



5年半が過ぎ

街の3件のガソリンスタンドとホテルが営業している


114号線で営業中のセルフスタンド


県道120号線 ガソリンスタンド2軒とホテルが営業中


16歳未満の子は帰ることができない地域とか

決められた時間の中でしか居られない町とか

5年半、人と暮らせない犬猫家族たちが居るとか

同じようなことは辛いなぁ


地震や水災害が続く今

他人事では思えなくなってくるのだろう




誰も居ない町で

黄昏ているように経っている給餌器は



242127205_624.jpg



切なくて

あまり好きではない光景の1つ



242126885_624.jpg


早く優しい家族に出会えると良いね



色んな災害が続く中、また大きな地震があって不安な時間を過ごしている人が沢山いるのですね
少しでも早く安心できる時間が戻ることを願っています
助けて頂いた皆様にも何もないことを願いますが、何か出来ることがあればご連絡くださいね



とりあえずボチボチ私も復活します
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  
いつもありがとうございます

アマゾンのほしいものリストはコチラ

贈り物と里親募集はコチラ


東北地震犬猫レスキュー.com
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1900-3bba766a
    この記事へのトラックバック


    最新記事