--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島便り~雪の名残り

2016年02月03日 23:57

週末は天候が回復したものの

雪の名残りもあり寒い一日となったようです


雪の日は空間の放射線量も少し低め


低めの雪日


高速を降り

町に入ると

道は凍結し


凍結


その先は

まだ雪に埋もれた道が続き

その道も倒木などで阻まれる


倒木にて通行止め


この時期はいつも大変だなぁ



倒木1


道をふさいだ垂れた枝を

頑張って切る


倒木1カット


こっちも


倒木2


切る


倒木2カット


寒い中諦めず

そんな作業を選ぶのは


倒木の下の足跡


冷たい地面を歩いた跡を

見つけてしまうから


足跡続く


どこまで続いているのか

給餌場所を見つけているのか


子猫?


小さな足跡も

雪の上を歩き

お腹を満たせているのかな



つづく足跡


足跡


その足跡の先には


足跡の子


あなたたちがいる



振り返り待つ人に飼われていたであろう子たちは

人と生活をしてお腹を満たし暖をとれていたはず

そんな生活があった日から5年


今は交代で欠かさず続ける給餌場所へ

足を運んでもらって、せめてお腹だけでも満たしてもらいたい


たくさんのごはん


足を運ぶ人が少なくなって増えた給餌場所を

1つづつ回り

修繕したり

鳥除けを設置したり


カラス除け


それでも鳥は賢い


下からつついて食べる

舌から突いてつまみ出しお腹を満たす


フードを食べられないようにする意味もあるけど

給餌場所に来た猫は

野性動物だけではなく、鳥に襲われることもある


家猫は弱い

福島に通いながらそう思った


野生動物や鳥が寄り付かないような工夫を考える



アナグマくん


どんな命も

安心して生きられる居場所がありますように


うしさん


雪の日は低め



府中市 O.S様より届きました
20160201府中市OS様
ありがとうございます

伊勢市 O.M様より届きました
20160201伊勢市OM様
20160201伊勢市OM様1
ありがとうございます


福島の子たちへと繋がせて頂きます



雪の上にいた子は、前回の子同様、みなが気にして頑張っていますが
なかなか捕獲器に入ってくれません
誰かを待っているかのように・・・

入ってくれず、馴れているであろう目の前の子を置いて去らなければいけない気持ちはキツイものです
その子が何かを諦めた時には一緒に帰ってくれるのかな



きっと気持ちは届くもの
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  
いつもありがとうございます
贈り物と里親募集はコチラ
アマゾンのほしいものリストはコチラ
関東方面にて里親さん募集中の福島っ子
ローズban
みんな保護されるまでよくがんばりました☆


東北地震犬猫レスキュー.com
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1867-0393d768
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。