福島便り~ちょっぴり内緒話

2014年12月09日 00:26

前の記事で保護された子

前回行った時と同じ場所で待ってたのね


215544275_org.jpg


そして


215544355_624.jpg


誘われ

誘われ・・・


215544452_624.jpg

慌てたぽんさん、草刈りのハサミ持ったまま

逆方向へ走り出してるけど・・・?


ぽっぽぐーぐーが居た場所で保護され

大和が居た場所で待ってた


まさか・・・ぽっちゃんと親子!?

大和と兄弟!?


ここはどれだけ通っても、なかなか現れてくれなかったんだけどね

こんな枯草の場所、もう虫もいないだろうね

どっちにしても良かった


色んな道が開通され

通行できるようになった町も

その側には


215544206_624.jpg


色んな所で見かける検問


215544256_624.jpg


普通の町ではありえない


大丈夫という前に

本当に大丈夫にしてほしいね



最近通れるようになった町のバリケード

今も住むことは禁じられてる


215544178_624.jpg

安心?


違う町のバリケード


211716652_org.jpg

町によっても様々



そっか~~~・・・

しみじみ見てるのに


215544192_org.jpg

オマケ写真はいらねーよっ(笑)

かえるさんがいっぱい!って言いたいのね


復興のために

頑張って工事してる人たちもいっぱい



普通に町中を歩くたぬさんもオマケ


215544376_624.jpg

人に気付かず・・・


気付いて・・・



ビヨーン!
tanusan.jpg


たぬさんって目が悪いのかなー

私が遭遇した時も

普通に目の前を歩いて行こうとして

私に気が付いて、すっごく驚いてた子もいた

やっぱり、ビヨーン!って(笑)


でもやっぱり

町には出てきちゃいかんよね


人が居なくなって、沢山の野生動物が町で生活するようになって

復興のために、その町にいる多くのものたちが駆除されていく


危ないよ・・・


復興も

動物たちの命も

どっちもとても大切なんだけどね

これも考え方はそれぞれだよね。。。



我が家の保護っ子たちに

またプレゼントが届いたー



でっかーい
20141207.jpg
すごいねー



わー♪
ふーじゃまー
ふーちゃん、じゃまー



贈り物

鳥取市 N.H様より届きました
20141207鳥取市NH様
みんなの体のことを考えてくれる優しさに感謝です
沢山のタオルや敷物等は、寒くなってきた福島の子達へと届けさせていただきます
ありがとうございます


ご寄付より

K.N様

これから寒くなり、保護された子達、残された子達に必要なものが増えてくる中
とても助かります
いつも色んな事を察知して、優しい手を差し伸べて頂けることに感謝しています
ありがとうございます


ただただ地道に

できることだけをと思い

何が良いのか、どこまでしたら良いのか

何が必要なのか

いつも、そんなことばかりを話し合ってる個人達ですが

みなさんの後押しで、できることが

個人でできることの枠を超えて続けられることに感謝です


今の私は、動くこともできず

皆様の優しさ、お気持ちを繋げることしかできませんが

とてもとても感謝しています

ありがとうございます


きっと現地へは、しっかり届いてるはず


今回も、寒い中

しっかり届けてもらいましたから^^



逞しい 可憐な背中を載せると怒られるのだけど


215544214_624.jpg
修理中&給餌中~


今回、これが一番きれいに写ってたよー(笑)


頑張る背中は、美しいと思うよ


アマゾンリストから届く先は、この人のところとなっております
ご安心を(笑)



保護された子達の幸せも繋がると良いな
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  
いつもありがとうございます

贈り物と里親募集はコチラ

ご寄付のご支援はこちら

アマゾンのほしいものリストはコチラ
関連記事


コメント

  1. 田中 | URL | -

    みんなが

    1人1人の力は、小さくても、その力が合わさって良い方向へ繋がる。
    そう信じて、そして福島へ繋がれば良いな~と思うのです。

  2. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265田中さん

    そうですよね。
    わずかづつで歯痒くても、今も確実に人の優しさが繋がり続けてると思います。
    1人のできることは限られるけど、その1人1人のできる小さなことが1つの大きな大切な命に寄り添い、良い方向へと向いてくれると信じたいです。
    思い、見つめることで、残された子達の手を離さずにいられたら・・・と思います。
    ありがとう^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1705-5088d606
この記事へのトラックバック


最新記事