--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢司君(旧:ガリガリ君)保護関係者各位様

2014年06月01日 22:54

福島へ向かうようになる以前

三重県に福島で保護された犬猫の受け入れをしている中で

状態が悪く、うずくまっていたところを保護された

ガリガリ君こと、賢司君


20110619賢司君


保護されて2週間後、少し元気になり


賢司君保護後2週間


石川のボランティアさんを経由して鈴鹿にやってきた賢司君

10日ほど、病院のご厚意でお世話になり

十分なケアや愛情を注いでもらいました


賢司君の2年目の様子と病院での様子はコチラ


幸いにもフィラリアにはかかっていなかったものの

足の中で大きく広がった化膿した傷やアレルギー等


もちろん震災でのストレスやトラウマ、飢餓などを経験し

転々と移動した不安等、心には大きな負担があったのは見れば分かるほどでした


三重県で、そんな賢司君の全てを受け入れ

里親にと言っていただいたご夫妻がすぐ見つかるとは・・・

賢司君への思いや優しさを聞いて、涙が出るほど ものすごく嬉しかったのを覚えています


賢司君の幸せと、里親さんの優しさが

福島へ目を向ける私たちの大きな力にもなりました


ボロボロでおじいちゃんだと思っていた子が

美しく蘇り

幸せな様子をご連絡頂くたびに、嬉しさ以上に驚きでした


室内、室外を自由に行き来し、夜は大好きなお父さんとお布団で寝て

とても幸せな毎日を送れるとは・・・


ガリガリ君がセレブ犬になったとみんなで大喜びで大騒ぎでしたよ


20120527賢司君


里親さんからお電話を頂き

今日、賢司君が亡くなったことを知りました


昨年から心臓が悪くなり、患っていた中で

そんな賢司君のためにと色々一生懸命考えてくれ、愛情を注いでくれたことはお話を聞いて十分感じました


里親さんより、関わった方々皆様に、保護して出会えたことへの感謝を伝えてほしいとのことでした


全ての方へご連絡するにも、賢司君は沢山の人の手を借りて、見て頂いた方々の応援を頂き

大好きな里親さんの元へとたどり着いたため

こちらのブログでのご報告とさせていただきました


賢司君を亡くしてしまったという里親さんのお詫びの言葉は却下です


賢司君は最期まで幸せだったからです


20120527kenji君


賢司君はきっと、大好きなお父さんとお母さんの元へ来るために

頑張って生きて、遠い三重県の地まで会いに来たのですから


賢司くんにとっては、辛い思いをした以上に、沢山の愛情と安心した時間の中

幸せな生涯だったはずです


賢司君を保護し里親さんへと繋がるまで関わっていただいた皆様

応援してくださった皆様

ありがとうございました


賢司君のお父さんとお母さんが苦しまないよう

賢司君が安らかでありますよう

心より願っています


ご家族様に

賢司君に

全ての方に

ありがとう



20120527 賢司君



賢司君、ありがとう
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  

贈り物と里親募集はコチラ

ご寄付のご支援はこちら

アマゾンのほしいものリストはコチラ
関連記事


コメント

  1. のあ | URL | -

    幸せな毎日だったと思います。

    チェロ(?)を弾くお父様の足元に座る賢司君のお写真、よく覚えてますよ。
    羨ましいぐらいステキなおうちに迎えて頂いたな~と、ウットリしたものです。

    賢司君がどれほど楽しく満たされた気持ちでいたのか、表情で分かりますよね。
    里親さんにとっても、きっと楽しく幸せな日々だったと思います。
    今は最期の時ばかりを繰り返し思い出して泣いていらっしゃるでしょうけれど、楽しい思い出の方がずっとずっと多いはず。
    どうぞゆっくりとでも、悲しみから立ち直られますようにお祈りいたします。

  2. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265のあさん

    チェロを弾く横にいる賢司くんの姿を見たときは、すごいセレブになったものだとビックリしました。

    今は辛く悲しいばかりでしょう。
    しっぽ家族の存在は偉大ですよね。
    いつか賢司君が心の中におさまり、笑顔で楽しかった時間を振り返ることができるようになってもらえると良いですね。
    きっと賢司君がこれからも守ってくれるので大丈夫でしょう。
    ありがとうございます^^

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265カギコメさん

    写真で見るだけの私でもとても強い絆を感じていました。
    今はゆっくり過ごしていただけたらと思います。
    幸せな気持ちしか伝わってこず、本当に感謝です。
    ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1588-ba397dce
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。