--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の桜の木の下で

2014年04月13日 21:29

ぽんぽんちゃんと、まおまみーさんが福島にレスキューに行ってる頃


夜勤明けでボ~っと何気にテレビをつけると

NHKでストレッチマンなるシンプルすぎるほどの子供番組がやってて

福島の夜の森の桜が、なぜ子供たちが見に来てくれなくなったんだと

悲しみから怪人になって、ストレッチマンと戦うという

本当にシンプルすぎるやり取りを見て号泣していた私(単純すぎる


そんな時に画像が届いた


福島の夜の森の桜
20140412夜の森の桜

きれいだね

ちょうど満開だったようです


レスキュー中もあちこち桜が満開


20140412ponpon.jpg
ぽんぽんちゃんも、たまには女らしく見えるなー


レスキュー中の心やすめにもなったかな


今回も泣いたり笑ったりの忙しいレスキュー

いつも最後には笑っていられるといいね



レスキューの合間の給餌では


20140412給餌箱


何でぶっ飛んだのか

飛ばされてたり


20140412補修mao


工具常備の男らしいまおさんの修復作業も


ここまでなってると・・・


20140412補修不可


不可能。。。



給餌箱があるから

給餌をするから


そこでお腹を満たす子達がいてくれる


1397375495492.jpg


待ってる子たちが居る


1397388627377.jpg



給餌箱のそばで咲く桜はちょっぴり切なくも見える



20140412桜と給餌箱


そんな中

小さな給餌箱の中のフードの上で

小さな小さな 子だぬきが丸まって、

眠るような安らかな顔で亡くなっていたと


20140413201959.jpg


疥癬で殆ど毛がなくなってしまっていた小さな小さな子だぬき

最後にお腹を満たして幸せな気持ちでいてくれたと思いたいと連絡が入った


埋めてお墓作ってあげて、給餌箱の処理などもしたという

そんな写真と文章から、現地で号泣している2人の気持ちが伝わってきた


せっかく生まれた まだまだ小さな子


人が居ないために、町に増える野生動物だけど

そんな子たちでさえ生き難い


せめて、早く人の温もりが戻り、お腹を満たせる安心できる町に戻ったら良いな



外で生きていた頃の れいちゃんと、ふじこを ふと思い出した

保護される前は勇ましく男らしい雰囲気だった2匹


2013.5月のれいちゃん
201305reika.jpg


2012.12月のふじこ
201212fujiko.jpg


今はそんな雰囲気を全く感じさせなくて、ひと回りもふた回りも小さく見える

見かけて保護できた子達もみんな同じ

外で見る険しさは見られない


とても強く見せて頑張ってたんだなぁとつくづく思う



今回も福島から、幸せになるために3匹の子達が関東へと移動しました


1匹でも多くの子達が幸せになりますように


ご報告はまた後日させていただきますね



桜の木の下はやっぱり満開の笑顔が似合う
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  

贈り物と里親募集はコチラ

ご寄付のご支援はこちら

アマゾンのほしいものリストはコチラ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1548-06daaa84
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。