--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家に福島っ子・・・5匹?

2014年03月12日 01:23

ふじこさんのケージ、お子ちゃま達の部屋となってしまったよう

もうお子ちゃまというには大きくなったなー


おこちゃま達の部屋


今年、福島で生まれて1年、三重県に来て1年を迎える

1歳を迎えるとき、誰と一緒にいるのかな


もしかして・・・まだ私か!? 



ふじこさんは、福島で生まれて何年経ったのだろう

人を今も信じてくれている ふじこさん


人が大好きなふじこさん


ふじこさーーん♪

私が顔を寄せると、家の子達でも引くのに

ふじこさんは寄せた顔に自分の顔をくっつけてくれる

ふじこさんの優しさ、凄く癒される



肉球が、ふじこさんが怖がる外での頑張りを物語っているのかな


頑張った肉球


いつも私にとても優しい ふじこさん

時折、遠い目をする


そんな時、なんだか

遠い地へと連れてきたことを後悔しそうになる


ふじこさん、本当の名前はなんだったの?

一緒に暮らしてた人が生きて幸せであってくれたら良いね



ふじこさんの思い
ごめんね


きっと、人も動物たちも年月なんて関係なくて

それぞれが個々の時間の流れや速度があって

思いだってそれぞれで

何かを乗り越えられる時間も、何かを持って過ごす時間もそれぞれ

どれだけ経ったか・・・その言葉で苦しむ人もいるのかもしれないな と、思ったり

動物達は、自分たちの思いや時間に関係なく

人の手で左右されてしまうことも多いのだろうなと感じたり


言葉を持たないもの達の目を見てると

色々考えさせられてしまう

おバカな私



うちの子になった みんと


うちのみんと


りゅう


りゅうさん


それぞれの時間はどんなだろうね


おやじさんのブログで見つけた言葉
最後の一行にすべての気持ちがこもっているように感じた

現地を見て色々感じた私にも想像もできないくらいの経験をして 大変な思いをして

それでもその時からずっと、自分達を犠牲にしながら動物達のために行動しているご夫妻は

きっとこれからも沢山の子達に手を差し伸べていくんだろうな

そして、幸せになっていく子達を優しいまなざしで見送り続けていくんだろうね


私にできることはなんだろう


救ってもらった子の手と優しい人の手を繋いでいきたいなぁ

現地に残されている子達とその子達のために何かをしたいと思う人とを繋げたいな


でも、一番はやっぱり


お腹が空いたよ

寂しいよ

怖いよ

そんな思いを抱えて、帰ってこない人を今も待っている子達を 見つけてあげたい



りゅうも、みんとも あこも しずも

みんな頑張って生まれて生き抜いて三重県まで来てくれたけど

もっともっと長い時間、色んな経験をしてしまった ふじこさんにまた

色々教えられて色々感じさせられる


ぐっすり


また明日から、ふじこさんを笑わせることができるようにおバカでいようかな


ま、本当にゲラゲラ笑ったら

私は腰抜かしますけどね(笑)



笑うかもよ
ぺろふじ
心の中が笑っていたらそれで良い



3月11日は、あえて心の中だけで合掌させて頂きました



手と手繋いだら、きっとあったかい☆
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  

贈り物と里親募集はコチラ

ご寄付のご支援はこちら

アマゾンのほしいものリストはコチラ
関連記事


コメント

  1. びんごん | URL | -

    11日19時のNHKニュースは 浪江の駅前から 特別に中継でした。
    本来16時以降は 立ち入り禁止なのを 特別に中継・・
    人が入れない街を 無人ヘリで撮影 で 雪の中の足跡と追いかけると 猪

    無人ヘリで猫を探してよ 住民にも 夏ぐらい19時頃まで居させてあげてよ
    心の中で いっぱい突っ込みを入れながら見ました。

    自分の家に 自分の故郷に 帰りたいのは あたりまえ
    あたりまえのことを 訴えるように言わせてしまうことに ただただ腹が立つ思いです。 

  2. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265びんごんさん

    私もテレビで知っている場所を見てるのに、涙と複雑な気持ちでいっぱいになっていました。
    私達でも色々思うところがあるのですから、住民の方々の気持ちはもっと大変なものでしょうね。
    必死で生きている動物の存在を見ることなく、復興と言うばかりですが、自分の飼っていた子達と生きて再会できたら人の心も救われるでしょうに。。。
    情のある人が上に立ってほしいものです。

    節目のように3月11日が取りざたされているけど、そこにいる人や動物たちにとってがどうなんだろうと思ってしまいます。
    家に帰れない、町に人がいない・・残された動物たちが生きている
    そんな場所が日本にあることをどれだけの人が実感できるのでしょうね。
    3月だけじゃない、今までもこれからもずっとある現実を続けて報道してほしいです。
    ありがとう^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1521-eacb200e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。