あことしず

2013年10月08日 23:19

一定期間のインターフェロンの接種を終えた あこ


インターフェロンが白血病に効果があるという研究結果?などは出ていなくて

私自身は、陰転したという情報を聞いたことがないけど、わりと有名な話なようで

いろんな後押しをいただいて、陰転を願いつつ・・・


でもこれって噂が大きくなったものなのかな?



いたかったのー
あこ?
がんばったねー


再検査の結果は変わらず、白血病ウイルス陽性

いわゆる白血病キャリアっていうもの


インターフェロンの接種方法は、連続投与日数などやり方は色々あるようだけど

獣医さんと相談しながら、あこに負担なく副作用が出ないように様子をみながら行いました


私自身の感情的には

連続して通う病院と、痛い注射のストレスのほうが心配だったりした^^;


でもね

体調を崩しやすい月齢で元気に過ごせたことは

インターフェロンで免疫力は上がったおかげかな・・・なんて

終わったら感謝もあったりする



ありがとうね
どーもー
応援してくれた人たちにも感謝だね


そうなの

インターフェロンは、もうこれで終わり


あこの個性の中には、白血病キャリアというものも加わったまま

横文字で書くと、FeLV(+)となるのね

どっちがかっこいいかしら(笑)


キャリアは、白血病ウイルスを保菌しているというだけで、病気ではないけど

陽性がでたら、もう白血病かのように言われてしまうのがちょいと可哀想な気もする


あこの再検査と一緒に、しずも再検査

以前は、陰性だったけど潜伏期間なるものもあるだろうし


実はどっちに転んでも良いように

しずにも色々制限あったり寂しい思いをさせたりしてたので再検査は

ちょっと気が楽になると思ってた



針いたいのよ
ぽち手
おつかれさん


しず、あことキャリアコンビになってしもた


先生・・・結果言う前に

いつも分かりやすすぎるー(∧_∧;)


しずの個性にも、FeLVウイルスなるものが加算


さて・・・


どうすっか



どうもしないわ
おしゃましず
しずはしずね


どうすっか・・・と考えてみても

なにも出ないので

どうもしない


どうもしないというのもおかしいか?


そこで出た

私の悪い?癖


なるようになるさ~~~♪



元気なら文句ないでしょっ
目力ステキ
えーえー元気でいてくれりゃこの上なき幸せ


あこ&しず、2匹一緒に里親さん募集できるからいっかー!


なんて

本音は複雑だったりするけど


私が凹もうが

私が悲しもうが

私が笑おうが


現実は変わらない

変わらんもんは変わらん


努力して変えられるもんは努力することなんて苦にもならん

ならんけど、変わらんなら

明るく前向きで笑っとうほうがえーわっ


と開き直った(笑)


どんな子も、出会うことには意味がきっとあるんだものね



説明が下手な私からどういう風に伝わったかわからないけど


ん~~・・・


とりあえず、我が家で制限付で不自由な生活をさせるより


普通の生活で、家族に愛されて幸せになってほしい


ので

急がず焦らず、これからは

あこ&しず2匹一緒で、この子達の個性とともに受け入れてくれる里親さんを募集


あこしず個性

あこは、ビビリんで甘え下手、ご挨拶は「シャーっ!」なおなご

しずは、寂しがりの甘えっこ、たまにハイテンションガールな騒々しいおなご


あこしず共通個性は、5月生まれ、女の子、ミケ、可愛い、賢い、性格良し、白血病ウイルス持参

人を幸せにする力も持参しておりますv


乳母バカでございます



さて、免疫力下げないように体調管理しながら幸せ待つとします



ご支援のご報告させていただきました
コチラ

いつもありがとうございます



幸せになってもいいのだー!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  

贈り物と里親募集はコチラ

いつもありがとうございます!
関連記事


コメント

  1. すみれ | URL | -

    こんにちは。

    キャリアの子を引き取る時に一番躊躇するのが、
    発症した時の医療費の事だと思いますが、

    発症した時に、里親さんに、寄付ができるようなシステムはありますか?

  2. nene | URL | 4vlN.j5I

    白血病ウイルス持参

    人を幸せにする力も持参しておりますv


    くぅさんの文章は、いつも大きく温かくて好きです(*^^*)

    白血病キャリアを軽く考えることは出来ないですがー、
    それも、その子の個性なんですよね。

    うちのキャリアの子も優しい里親さんに貰われていきました。
    過酷な環境だったのか異常に成長が遅い子でしたがー、
    里親さんちにいって、ものすごいスピードで成長しました♪
    たくさんの愛情を注がれ、本来の姿を取り戻したんだと思います(*^^*)

    キャリアの子は治療費もかかるし、病気へのリスクも高いです。
    でもどのような経緯であれ里親になれば、その方が飼い主になるわけですから、飼い主が負担するものだと思います。

    エイズ、白血病キャリアだけでなく、ペットショップからお迎えした子にも深刻な病気のリスクはあります。
    どんな病気になるかなんて、誰にも分かりません。

    生き物を飼うなら、経済的な覚悟ももってお迎えするものじゃないでしょうか?

  3. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265すみれさん

    こんにちは。

    私にとって意外というか新鮮?なコメントです。
    今までの里親さんたちにも、生きている以上は明日何があるかわからないけど、全てを受け入れて最期の時まで家族としていてもらえることをお願いしてきたのですが、病気になった子の家族もみんな本当に良く頑張ってくれたと思います。

    そんな里親さんたちには、病気になった子達の引き取りを含め、私に何かできることを提案してもいつも叱られてばかりでした。
    なので些細なことしかできなかったりというのはありましたが、逆にそんな時にも寄付をしてくれた里親さんも何件もありました。

    里親さんや問い合わせの方々とお話をさせていただいている中で私自身が聞いていた一番躊躇するのは、金銭的なことではなく、自分では幸せにできないかもとか、長く一緒に居たいという気持ちの葛藤が一番多かったのです。

    あこを希望してくれた人は、検査結果後、先住がいることや自分が不在が多いことなどから、里親は断念したのですが治療費を払わせてほしいと申し出てくれました。
    もちろんお断りをしたのですが、今もずっと応援し続けてくれています。

    もし里親さんが決まって枠が空けば、きっとまた受け入れてしまうだろうけど、そんな保護猫たちがいる中で寄付もとなると、私のようなギリギリでやってる個人ボラはすぐ潰れてしまうと思います。
    大きな団体さんがそれを始めたら、個人ボラの所にいる子達のご縁も少なくなりそうですね。

    病気の子たちでも幸せになれる。そうあってほしいし、そういう希望も多くのボラさんに持ってもらいたいので募集を続けていますが、やっぱり家族となってから医療費が負担できない方だと健康な子達でも譲渡は考えてしまうかもしれません。
    もちろん、何もしないわけではなく、出来ることをしてあげたいとは思っています。
    でもそれを事前に決めることは難しいかな。
    そして、それを決めることは「発症をする」という現実を今は考えたくない方にとっては辛い言葉にもなりそうです。

    病気の子でもそうでない子でも、時間の長さに関係なく幸せな時間を共有し、自分が必ず看取ると思ってくれる里親さんだとありがたいですね。

    今回は、初めからキャリアだと分かっているだけに難しいかもしれませんが、検査で事前に分かる白血病やエイズなんかよりももっと怖い悲しい病気はたくさんあることも命あるものを飼う方には知ってほしいと思います。
    色んな意味で、「全てを受け入れる」ということになるのかもしれません。
    でも、これって冷たい言い方ですよね。。。すみません。
    私にその時点で少しでも余裕があれば、協力はしたいと思います。という程度しか私には言えません。。。
    募集や譲渡は難しいですね。

    上手く答えられずにすみません。
    ありがとうございます。


    i-265neneさん

    経済的な覚悟無く保護続けている私がいうのもなんですが(笑)
    過度の治療は望まないけど、譲渡条件にあるように適切な医療にかけてもらえる人をと願ってしまいますね。

    どんな病気でも軽くは考えてはいけないだろうし、先住の子達への配慮や気持ちも分かるのですが、免疫や抵抗力の低い子達や病気や障害の子たちが排除されてしまうと、保護するボランティアも少なくなるでしょう。
    今でもボランティアの多くは「ノンキャリ」の預かりを希望するのに。。。
    同じように産まれてきただけなのに・・・とついついそっちに目が向いちゃうんですよね。。。

    里親さんのことろに行った子はよっぽど相性が良かったんですね!
    すごいなぁ。
    本当の家族としての愛情を貰えるなんて幸せだなー。羨ましいです。

    白血病キャリアの子猫って成長が悪いイメージあるのだけど、うちに居る子達は通常と変わらないんですよ。
    もしかしたら母体感染ではないかなと・・・そうだと発症のリスクもすごく減るんだけどね。
    仮の愛情ではなく、本当の愛情貰えるようになってほしいな。

    あこしずを希望してくれる人がいたら、ちゃんとお話しをしてあこしずにとっての幸せを繋いであげられたらと思います。
    気長にのんびり待ちます。
    ありがとう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1404-7eb9af40
この記事へのトラックバック


最新記事