福島にて。

2013年09月08日 23:32

贈っていただいたキティケージ

既に住猫さんたちが入っておりましたよ


キティケージ


震災後生まれの子猫たち


キティケージの住猫


助かります


ありがとう


キティケージの子猫たち


これは、おやじさんのところでの様子

この先もずっとこの地にいる現地の住民さんたちだからこそできる試みが始まりました

人のせいでおこった事故だけど

救う人の手もあるということは素晴らしいなと感じます



久しぶりに向かった福島

やっぱり猫たちは給餌場所に集まります


保護っ子

この子を含め、3匹保護することができました


みんなで協力し合い、保護を強化していく中で

現在既に2段ケージが不足しています

もし、ご支援いただける方がみえましたら助かります<(__)>
参考までに・・・こんな感じのケージです
もちろん、家にある不要なケージでもかまいません。

コチラのメールフォームからご連絡ください

いつもお願いばかりですみません。。。



贈っていただいた虫除けの上着も助かりました


(私ではありませんよー笑)
直前のサービスエリアにて
帰りに現地近くの道の駅に立ち寄り中


現地ではスズメバチ対策のため、場所によっては白い服が必須?

スズメバチ対策には白い服が有効だとか


ごみ拾いお姉さん

完全防護で捜索&保護準備に入る虫苦手な人がいたり

虫へっちゃらなゴミ収集中の人がいたり

私も虫は超苦手なので完全防護状態です


今回は

24時間テレビで見た気になる海岸があったので

そちらの様子も見てきました


そこに来ている人に会えたらいいな・・・と思いつつ

見てきた場所は


途方にくれる


テレビで見たその人1人で捜索するには途方もなく大変な場所でした


捜索されない場所


捜索されない水溜りなどは個人での捜索は困難だと思う


行きたいと願う人を自由に入れてあげることは難しいのだろうか

1人では大変な場所へ、協力できるというボランティアをつけてあげることは難しいのだろうか・・・


全体の復興も大切だけど

個々の気持ちに手を添えてもらえる日が来ることを願うばかりです


迷惑でなければ、その人に出会う日を願いつつ・・・


木を越えて

少しばかりの捜索をしてきました


人も動物たちも

探している人の元へ帰ることができますように



たまにでも現地へ行くと、少しづつ変わっていく中での現状や必要なもの、必要なことが

とてもよく分かります

そんな現状にきちんと添えるような支援が続けられるようにと

また改めて思いました


ご協力呼びかけばかりですみません

いつもありがとうございます



ちょっと寝不足気味・・・ちゃんと文章かけてるかしら( ̄ ̄;)



福島の子猫大猫わんこ、里親さん募集してます<(__)>
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  

贈り物と里親募集はコチラ

いつもありがとうございます!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1390-dff06a61
    この記事へのトラックバック


    最新記事