--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の光景

2013年05月17日 23:41

犬猫の話とは、全く関係ないけど


私は、「グループホーム」というものがどんなところなのかは知らなかった

というか、勘違い?

例えば、老人ホームの新しい名前とか
もしくはその小規模施設とか? 的な感じ


正式名称は「認知症対応型共同生活介護」

だったかな?

そんなグループホームの夜勤が私のバイトなんですけどね

認知症の人もいるのかなと思っていたら、認知症の人しかいなかったという感じ
だからと言って、驚くとかもなく、なるほどーといった感じだったかも


どの家にでもあり得ることで

でも、自分だけで抱え込んでしまっている人も少なくないようで

仕事だからできることも、24時間毎日となると気持ちも体も負担は大きいのかもしれない


体の小さな犬猫だとお風呂に入れるのも

トイレをさせるのも、ベッドに運ぶのも

ある程度の思いを感じとって自分一人でできることも多いけど・・・


動物と人を同じように考えるのは失礼だと思う人も多いけど

動物と付き合って生きてる私には

痛みも喜びも愛情も・・・同じ思いをもち、感じる命だと思ってる


でも、しっかりしている、優しかった…と思っていた家族が変わっていく姿を見たり

24時間ずっと目を離せないのは辛いかもしれない

近いからこそ、言動や思うように意思の疎通ができないことにイライラすることも多いのかも


誰かに、どこかに助けや協力を求めて良いことなんだと思う


何年も頑張ってしまって、結局ウツになったり体調を崩したりする人もいるみたいで

泣くことも我慢して 笑顔も消える


介護されてる家族には消えていく記憶はあるけど

きっと、側にいる家族の笑顔が一番嬉しいのだろうなと見ていて思う


なんて言いながらも自分の立場になったら、そんなこと思う余裕なんてないんだろうけどね


何も分からないのではなく、その瞬間の自分に戻ったときに

自分がおかしいと気づき、不安になる人もいる


自立支援の見守りメインなので介助は大変なこともあるし、毎回初めましてになったりなんてあるけど

でも、笑っていれば笑ってくれる

たまに怒られるけど(笑)


その時点での意志の疎通もできることは多い

すぐ忘れるのはお互い様で(笑)


どんなことでも

「大変」の重さなんて、誰がとか どれがではなくて

人が分かることでも 決めることでもなくて

きっと自分しかわからない

人それぞれだよね


なんて

なんでこんな話をしたんだろう

なんだかどこかに、そんな人がいるような気がしたのかな


なんか私えらっそ~~(笑)


でも、しっぽ家族の介護も大変だよね その時は必死だけど

体より気持ちが押し潰されそうで・・・何年経っても思い出すのはダメだなぁ・・

大変な人には、自分ひとりで抱え込まないで、ちゃんと笑顔で踏ん張れる状況にあれたら・・・なんて


やっぱりえらっっそ~~~(汗)



うちの家族は

私が元気だから毎朝の催促してくれるんだろうなー(笑)


朝ちゃと

目覚ましがなるとテコテコやってきて、ベッドの下で訴える


便乗するお方もやってくる


便乗ぎん

朝日の当たったその顔が怖いぜー

美肌効果もないぜー


その横では

私よりお寝坊さんもいらっしゃる


寝子

起きろー

意外と重いんだぜー


私から逃げるくせに

行くとこ行くとこに何故かついてきて

寝るときは布団の上で寝るお方も



すやすや~
mint.jpg

この時ばかりは触り放題

だから重いけど許せる(笑)



毎朝の幸せ


みんなといるために母さんは頑張って働くぜー



笑顔がもらえる幸せ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ  

いつもありがとうございます!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1328-4a56a4a7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。