人ができること守れるもの。

2012年07月12日 21:34

にこ、ボチボチやっております。

ちょっと不安定になってたけど

今日は、にこキッカーでご機嫌。

にこキッカーで落ち着いた

獣医さんのブログににこが載ってました。

にこ、先生が好きなんだよね。
行くまでは騒がしいのに、病院では大人しくて、お好きにどうぞという様子。 なんで!?
先生と鼻チュ~までしてたし。



みんとも元気なりました。

みんとのボール遊び


オモチャで上手に遊べるようになって


やぁ。


人との生活にも慣れてきて


キュートみんみん


りゅうとも仲良く遊んでる。


ペシっ


まぁ、若干の不満はあるだろうけど (笑)


上下の面々


あとは


ホッソリみんみん


もうちょっと

ふっくらできたら良いかな。


元気みんと


次の血液検査まで

美味しいものいっぱい食べて

免疫アップ目指しますv


みんみんにゃ~

白血球が下がっていると感染症に注意というらしいので

気をつけねば。



りゅうと遊んでいたら


おっ。


足の間に飛び込んできた!

私のほうがビックリして

写真がブレちゃったよ。


おぉ!

みんみん、人馴れもなかなかのもんです^^


オトボケ顔も

みんとのオトボケ顔

なかなかのもんです^^


にゃんこはうすブログで見たママのマフィンが少しふっくらしたようで嬉しかった^^
頑張ったな母ちゃん。


ボンママのツイートにもあったけど

ママ猫達は本当に身を削って子供を守っている。

給餌をすることで増えているといわれている一部の噂が本当ならまだ救われる。


20km圏内といえども、中心から四方に広がる20km

全てが十分といえるわけもなく

給餌するたびに

「どうかここまでたどり着いて」 と、願うばかり。


だけど最近の現実は

犬も猫も状態が悪い子だったり、

栄養状態が悪くて子育て中なのに

みんとのママのように母乳すら出なくなっている。


人との生活しか知らず、人からご飯を貰っていた飼い猫が生きるにはあまりにも過酷。

自分が行くようになって

想像を超えていることを実感する。


今、同じこの日本で

人が立ち入ることができず

立ち入る人は防護服や防護マスクを装着している町があることを想像することは難しいと思う。


でも、忘れないで欲しいと願う。

そこに家があるのに帰ることができない人がいて

その家に帰ってきてくれる人を待つ動物たちがいること。

そしてそこは、封鎖された危険といわれる場所。


1年を越えても

再会できない家族がいる。


どうか知って欲しい

忘れないで欲しい

伝え続けて欲しい


岡山写真展


岡山の写真展の翌週は

軽井沢で写真展があります。


軽井沢写真展

是非足を運んでいただければ嬉しいです。


泣いても叫んでも自分の家族に再会できないって

辛すぎるよね。



いつかみんなが笑顔で。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ   

いつもありがとうございます!

レスキューへのご支援のお願い
 とても厳しい現状ですのでご協力いただけたら助かります。

 優しい応援に心ほっこりします 

みなさんに感謝っ<(__)>
関連記事


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. やわにゃん | URL | -

    良かった…(*´Д`)にこちゃんもチビ達も元気そうで一安心しました。

    それにしてもにこちゃんて男心をくすぐる何かがあるんだよね~何故かほっとけない感じ?

    イケメン先生の前では女の子らしいにこちゃん…匂いでイケメンが分かるのかしら?(笑)

  3. みゆ | URL | -

    岡山の写真展、休みをゲットできたので伺わせていただきます。(^-^)(^-^)
    レスキューの貴重な時間をさいての写真展とご参加。一人でも多くの方の目に触れますように。


  4. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265カギコメさん

    誰でも頑張り続けるのは大変だから、少し休憩も必要だよね。
    きっと言える。大丈夫だぁ。
    いつでもご使用くださいませ。

    その周辺では協力してもらえる団体さんがいないので難しいなぁ。
    でも写真見てるから良いじゃん(笑)

    生きることは簡単なことじゃない。
    でも強く強く願っています。
    ありがとう^^


    i-265やわにゃんさん

    にこはイケメンに弱いのか。。。先生に言ったら喜ぶかも(笑)
    でも優しい手はよくい分かるんでしょうね。

    みんな元気だけど、にこのパワフルさは今は封印されているみたいです。
    ちょっとしおらしい女の子にこです。
    ありがとう^^


    i-265みゆさん

    わざわざ休みをとっていただいたのですね。
    是非、ゆっくりご覧くださいませ。
    1人での多くの方に見て知っていただけたらと思います。
    ありがとう^^

  5. さき | URL | 7yu2AX4I

    にこ姫元気いっぱいになったのですね
    良かった良かった(>_<)
    病院の先生が好きなのも
    先生がにこ姫のこと大好きでいっぱい助けて貰ったの分かってるんでしょうね(=^x^=)
    にこ姫お利口さん

    写真展
    泣くだろうけど
    旦那に話して見に行くかもしれないです(>_<)
    たくさんの人達が見てくれるといいですね

  6. Sabimama | URL | cbwYL0zY

    時間が解決することは無いですね。
    時間が経てば経つほど、悲劇が増えていく。
    そこを乗り越えて、たどり着いた猫が
    ここに安全に暮らして、必死で産んだ子に授乳している。
    自分が食べるのがやっと・・・なのに、母は授乳に懸命です。
    食べないとお乳は出ません・・・
    環境がどんな場合でも母性は強いですね。
    それを支えてくれる人間も大勢いる。
    ありがとうございます。

  7. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265さきさん

    写真展、是非お越しください^^
    殆どがレスキュー班の撮影なので、悲惨なものはないと思いますよ。
    可愛いグッズなども販売してますよ。

    にこは先生が好きで良かったですよ(笑)
    ありがとう^^


    i-265Sabimamaさん

    きっと国を先頭に努力さえできれば、時間が少しは解決できたのかもしれないですが(むりかなぁ)
    時間の経過は人間でも体力や気力の限界が来ますよね。
    猫も母は偉大だなぁと感動ばかりです。
    ありがとう^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1121-2b2d5962
この記事へのトラックバック


最新記事