--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の子猫。福島のわんこ。がんばる犬猫。

2012年07月04日 00:29

前の記事で載せた子猫

その前の記事に掲載したママと一緒に保護された子猫。


今回は、レスキューに行けなかったので
日曜日に東京まで運んでくれたぽんぽんちゃんから他の子猫と3匹で一緒に預かって来ました。

実は関東で預かり予定だったのですが、探していた子猫達を保護することができたことや色々状況が変わって
前日の夜に急遽こちらに搬送することに。

我が家ではヤンチャ盛りの2匹&おっとりりゅうが居るため
とりあえず、りゅうの友達に一番おっとりな子を。

他の2匹をtukuさんにお願いして名古屋駅まで迎えに来てもらうことに。
どうしようかと悩みつつ連絡した色んな方々、tukuさんすみません。

忙しく疲れていたレスキュー班兼、関東の譲渡窓口のたまちゃんと一緒に頭を悩ませ
土曜日の夜は本当にドタバタ騒動でした。



我が家に来た子猫みんと。

一番おっとりといえど、人を知らない子猫。

にゃんこはうすで一週間手をかけてもらって、ガリガリだった体もビビリっ子のビクビクも随分落ち着いていてビックリ。


でも環境も変わり、まだまだビクビク。

りゅうと

りゅうとは初めから上手くやれそうな感じでしたが


見学に来たぎんには・・・


だれ!?
ぎんちゃ・・・

すごく怖かったようで。


ぎんも


まだオイラの相手じゃねぇ
ぎんの弟子にはまだまだ

と、いうことで去っていきました。 
ぎんさん残念でした。


レツ&コロンはシャーシャー言って

自分達が遊ぶのに忙しく

気にしてくれたのがりゅう。


気にしてくれたというか・・・


しっぽで遊んでみたり

りゅうの尻尾遊び


ペシペシ イイコイイコしてみたり

りゅうの突っ込み


耳をかじってみたり

りゅうみんとは仲良し?



ねぇねぇあっち見てみ
みんとのお世話役


ぺしっ
あっち向いてペシっ
なにげによく頭を叩くりゅう^^;


りゅうと仲良し

・・・だね?


そうなん?
仲良くなれて良かったね
だと・・・思う。


レツ&コロンはずっと走り回っているので

眠いときかご飯のときくらいしかなかなか写真が撮れない。。。


唸っていた2匹もご飯のときは無心。

4子猫の食事

とりあえず仲良くやってます。


みんとのママもガリガリで

保護時、まだ2ヶ月位のみんととその兄弟も居たにも関らず

母乳は全く出てなくて乾いてしまっていました。

マママフィンとみんと

本当ならまだまだ子猫達はママのお乳を吸っていてもおかしくない。
栄養状態がかなり悪かったんだと思う。

なんとか食いつないでいたんだろうね。
でも、他の子猫は生きて20km圏内を出ることができませんでした。


保護されて10日ほど、にゃんこはうすでケアしてもらって元気になって大きくなったけど
みんとを初めて見る鈴鹿の獣医さんには「痩せてるね・・・」って言われた。

保護時、あまりのガリガリさと軽さに、りゅうとあまり変わらないと思った。
体重は今はコロンと一緒の950g
でも、体的にはレツと一緒かもうすこし月齢のいってる子かもしれないなと思う。

まだまだ首が細くて、骨盤や背骨が浮いてるから
早く子猫らしい丸さをだしてあげたいなぁ。


ねこさま王国で記事になっていた犬

写真が送られてきたときは何が写っているのか分からなかった。


保護わんこ1

キミは犬だったんだね。ごめんね。

首輪をしていて人と暮らしてたはずの子。

1年以上もの間、1匹で頑張ってきた姿だった。


病院に連れて行ってもらって

温泉のお湯でシャンプーしてもらって

保護わん

綺麗になったよ。

もう辛いのは終わり。


前回保護されたなみえちゃんも

すごい痩せてて、動くことすらあまりできなくて

なみえちゃん

病院で少し元気になって、今はレスキュー班のお世話で明るい表情まで見れるようになった。


この他にも痩せた犬と出会ったレスキュー班達。

最近は本当によく犬を見かける。

猫の給餌と違って、隠せる場所に置けない犬の給餌は難しい。

長い時間生きていけているから大丈夫という人も居る。
でも現状はこんなんだもの。
必死で生きているんだもの。


忘れ去られようとしている福島の原発20km圏内

再稼動のために伏せられている福島原発周辺の今。


過去のこととなっているようなこの場所で、こんな子達が今も居るのに

今レスキューに行っている少ない数の人達が騒いだところで何も変わらないんだろう。


変わらなくても

忘れ去られても

今も人を信じて待っている子達がいる。


6号のわんこ


なぜ、人はその子達を救えないんだろう。


命を繋ぐ為に伝えることしかできないのが辛い。

せめてのできることが小さすぎるな私。


でももう少しがんばらにゃ。



みえ東北わんにゃんレスキューの6月の収支、遅れてててごめんなさい。
後日アップします。(簡単ですが。。。)



みんな生きている。私達も。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ   

いつもありがとうございます!

レスキューへのご支援のお願い
 とても厳しい現状ですのでご協力いただけたら助かります。

 優しい応援に心ほっこりします 

みなさんに感謝っ<(__)>
関連記事


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. さき | URL | 7yu2AX4I

    やっぱり子猫は反則な可愛さですね(=^x^=)
    写真では、あまり分からないけど早く丸々コロコロのボテボテ体型にしてあげて下さいね(>_<)
    楽しみにしてます

    もう一年以上も経つのにまだまだ助けを待ってる子達がいますね…

    小さなことしか出来ないって言ってますがそんなことないですよ‼
    くぅさん達がご飯を置いてきたり保護したりお水を置いてきたりしてることで、沢山の子達が命を繋げているんだと思います(>_<)

    でも無理しないで下さいね

    ずっと応援してます‼

    PS ちゃっちゃんを婿に下さい笑

  3. 管理人くぅ | URL | El66wgVw

    i-265カギコメさん

    安心してもらって良いのかどうか^^;
    大人の事情があるけれど、沢山協力しあえたら嬉しいんですけど難しいですよね。

    色んな人達がいて、でもやっぱり私たちは犬猫の幸せ優先に考えたいですね。
    ありがとう。


    i-265さきさん

    まだまだ沢山の子達が待っているのに、探す術をもたない飼い主さん達もいるのに
    日本は何事もなかったかのように動いてるのが切ないです。
    でもやれることをやるしかないのですね。

    みんとは丸々コロコロにしてみせましょ~

    ラブリーちゃっちゃんは婿にはあげられませんね~(笑)
    ありがとう^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1113-a1d4fe4b
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。