FC2ブログ

家族を待っている子達への思い

2012年01月30日 22:57

今日は写真と内容が別物になってますが

私が家の子を思いながら独り言を言ってると思って許してくださいませ



ねこさま王国のブログにも掲載されていましたが

一時帰宅のペット連れ出しOKのニュース

そのニュースを聞いた後

私も、ある地域の人の今回の一時帰宅の通知に

以前と変わらず

生き物持ち出しできません

と書かれていることを知りました


ぎん。


誰に

どこに

何に向けたニュースなんだろう


いくら。


世間向けに安易に拡散するのって

喜ぶのは上のほうの人達だけじゃないだろうか・・・とも思ってしまう



以前出会った飼い主さんが

猫1匹に付き、ある一定の金額を請求すると言っていた

その後に寂しそうに

そして悔しそうに

「値段なんて付けられないのに・・・」と



見つかると信じている家族

見つからなくて気持ちのぶつけ場所を探す家族


どんな言葉を出しても、どんな思いをしても

結局

「生きていてくれたら、見つかればそれで良い」

そう思って、また探し続けてる

迎えに行くことを禁じられているのに


すず。



おかしい

絶対におかしいと思う


犬や猫など動物を飼っている人の多くが

子供や兄弟と変わりない存在であり

かけがえない家族だと思っている


にこ


人と違って、言葉を持たず、自ら救いをを求めることが出来ない子達を

それ以上に思っている人も少なくない


でも、10ヶ月以上もの間

迎えにも行けずにいて

度重なる余震や空腹の怖さや不安の中

一時帰宅という日時の決まった短い時間の中で探せると思っているのだろうかと思う


壊れた道や建物は雪に覆われ、地元の人でもとても危険だと思うこの時期の一時帰宅

時間に限りをつけずに

もっと自由に探させてあげたら良いのに


しっぽ達は頑張ってるから

きっと見つかる


うちの5にゃん


そう信じてる


飼い主さんが見つかった子たちの中でも

家から1kmや2kmはなれたところで保護された子も少なくはない


犬はもっと長い距離を歩いてる

不安だもの

お腹空いてるもの

仕方ない


一時帰宅が出来るのなら

帰りたいという飼い主さんが自由に行くことも許してあげたらいいのに


一時帰宅の日に都合が悪い人は

また次の機会まで待たなくてはいけないんだよね

希望者は全員帰ることができるんだろうか

以前みたいに

抽選に漏れた・・・なんて聞くことがなければいいけど


ももとまとぎん


早く会いたいよね


年末からの震度4の地震でまた沢山の建物が壊れてて

この前の震度5の地震で、また危ない場所が増えたんじゃないかな


恐怖や不安の中

ずっと待ってる動物達


ももとま


家族の笑顔が早く見たいよね

温かい手で

頭を撫でてもらいたいよね


uwamechato_20120130224633.jpg


「良い子良い子、よく頑張ったね」


家族としっぽ達の

嬉しそうな笑顔が見たい


もも。


そんな終わりが

早く見たい



温かい手にたどり着けますように
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ   

いつもありがとうございますっ!

nyankohouse_bn.jpg
転載ご協力お願いします

 にゃんこはうす公式ブログ

みえ東北わんにゃんレスキュー

 優しい応援に心ほっこりします (応援メッセージ) 

現在の里親募集中はコチラも

オセロさんちでも可愛いイナリの里親募集中~

みなさんに感謝っ<(__)>
関連記事


コメント

  1. nene | URL | -

    安易に拡散。。。
    こないだの三重の野良猫事件でもありましたが、良かれと思って拡散したことが、逆に現場の動いてる人に迷惑がかかることもある、
    と知りました。
    難しいですね。。。

    国の許可を従順に待ってたら、いま生き延びてる動物はいなかったんでしょうね。
    私が飼い主なら、許可なんか無視して助けに行きたい。
    それも周囲に迷惑がかかるから?いけず、八方塞がりなんでしょうか。

    警戒区域内の警備がよりきびしくなると聞きました。
    にゃんこはうすの皆さんは、通してほしい(>_<)

  2. やわにゃん | URL | -

    叫び続ける事

    きっと誰よりも取り残されている子達や家族の想いを受けているくぅさんや沢山の現地で頑張っている人達の事を想うと毎日苦しいよ…

    何故この子達を見捨てるのか?理由は?国民の為に働くはずの政治家達が国民を苦しめるこの不条理な愚かな今の日本に悲しみを越えて今心の中に怒りの炎すら…

    国が見殺しにしようとしても私は絶対忘れない…たとえ微力でも小さな願いと怒りが集まれば大きな波となりきっと心ない人間達を押し流せる…怒りを力に変えて訴えていきます。心の歪んだ今の人間達の重い扉をぶち破ってやりたい!

  3. くぅ | URL | El66wgVw

    i-265neneさん

    通れる道は全て検問とバリケードで、車を置いてバスで強引に運ばれた人達には帰る術もないんでしょうね
    ボランティアの存在すら教えてもらえず、良い事も悪い事も世間のような情報も入らず、ただ危険だといわれるばかりなんでしょう
    ペットを救おうとした人が、罵声を浴びせられたこともあったようです
    現状は想像をはるかに上回るようですね。。。

    拡散も、行政の情報ではなく、現地の人達の苦悩を拡散するほうが行政を動かす力の一つになるのかもしれないと思うようになりました

    警戒区域内が国有化になれば、そこに居る子達を救うことが出来なくなりますね
    もう少し、早期で何とかなってほしいけど、もう期待をする方が無駄なような気にもなってきました

    現地に行くと世間での情報とは違った現状で個人の無力さを本当に感じます
    でも、今行っている人達が足を止めると、そこで全てがその現状のまま終わってしまうでしょう
    次に誰かが行ってくれるなら、みんな少し休憩もできるでしょうか難しいでしょうね

    もうちょっと頑張ってみます
    ありがとう


    i-265やわにゃんさん

    私達は本当には理解してあげられないし、本当の意味で気持ちに寄り添うこともできない
    だから、出来ることで動くしかないんですよね

    行政は野生で生きてきた動物と人に飼われてきた動物を一緒に考えているのかな
    食べられない木の実を食べ、体調を崩し弱っていく動物達を知らないんだろうね
    人の温もりが恋しくて、鳴いて呼ぶ子達を知らないんだろうね

    安全な場所で、安易に全てを決めてしまう官僚達に
    この現状を見に来てよ!といつも思う
    来る人も、バスに乗って降りた場所だけを見て帰ってしまう
    何が分かるんだろうと思う

    辛い現状だけでは見る人も減って広めることが出来ないから
    思いを半分にして、なるべく明るいブログのままで伝え続けたいと思うけど、現状がね。。。

    でもこのままでは別の場所で同じことがあっても、また繰り返しなんだろうね
    今なにかを変えないと、いつまでも変わらないんだろうなと思う
    困った日本だね
    ありがとう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoswans.blog49.fc2.com/tb.php/1019-9ac032f8
この記事へのトラックバック


最新記事